6 Feb 2018

動画「瑶族舞曲(Dance of the Yao People)」(鍵盤ハーモニカ合奏)

鍵盤ハーモニカ合奏による「瑶族舞曲(Dance of the Yao People)」の動画をアップロードしました。瑶族舞曲は1952年に中国の作曲家、劉鉄山(Liu Tieshan)と茅沅(Mao Yuan)によって作られた曲で、20世紀に中国で作曲された管弦楽曲のうちでは最もよく知られ、最も人気のある作品の一つとなりました。元々は西洋楽器による管弦楽曲(オーケストラ曲)でしたが、その後、中国楽器による管弦曲、弦楽四重奏、バイオリンとピアノ、古箏による独奏など、大小様々な形式に編曲され、人々に親しまれています。ちなみに鍵盤ハーモニカ・アンサンブルへの編曲としてはこれが世界初の試みだと思います。曲のタイトルに含まれる、「瑶族」というのは、中国南部から東南アジア北部の山地等の広大な領域にわたって住んでいる少数民族(少数とはいえ、300万人以上いますが)の事であり、この曲はその瑶族の民謡にインスパイアされて作られたとのことです。

15年程前に、中国の音楽について調べていた際に、偶然にこの曲の存在を知って以来、弾いてみたい曲の一つになりましたが、なかなか機会もなく、条件も揃わず、15年経って今回(2017年)ようやく演奏できる運びとなりました(小嵐)。


2 Feb 2018

動画「風のとおり道(Path Of The Wind)」(ウクレレ・ピアノ二重奏)

ウクレレ・ピアノの二重奏「風のとおり道(Path Of The Wind) 」をアップロードしました。「風のとおり道」はスタジオ・ジブリ製作の映画「となりのトトロ」で使われている、久石譲さんの作品で、子どもたちにとても人気のある曲の一つです。音の木音楽教室でも、過去のアンサンブルコンサートで一度、フルート・鍵盤ハーモニカ・ピアノの組み合わせの編曲で演奏した他、発表会でも度々ピアノ連弾等で弾かれています。

今回はお友達同士の生徒の演奏ですが、二人にとって難しすぎず、しかし簡単すぎず、ためになって、演奏効果がある編曲を目指しました。ウクレレもピアノも、どちらも人気のある楽器ですが、その合奏のレパートリーとなるとあまり無いようです。特に、ジャムセッションのように即興的に行われる事はあっても、室内楽的な(細部まで練り上げられた)作品、編曲作品となるとほとんど見当たりません。動画の中で演奏しているウクレレの女の子は初めてちょうど一年ですが、そんな子でも気軽に楽しく参加できて、なおかつ質も低くない、そういうレパートリーがこれから増えていくとよいですね。


一緒に音楽を楽しみませんか?— Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室