1 Mar 2017

合唱のピアノ伴奏

少し前の話ですが、教室に通う中学生の男の子が突然合唱のピアノ伴奏をすることになったと言いだして、大変驚きました。何しろピアノをはじめてからまだほんの1年ほどで、普段の様子からは、とてもそんな大役を務められないと思えたからです。クラスの中には他にもピアノが上手な生徒はいたものの、名乗り出る人が他に誰もおらず、場の流れで”つい”、立候補してしまったということです。立候補した後、本人もしまったと思ったようです。しかし、自分で言いだした事もあって、それ以来自らすすんで真面目に練習に励み、結局驚くほどの速さでものにしてしまいました。自主性というのは大切だと気付かされます。長い間楽器をやっていても、習得した技を誰かのために使うことができるというのは、なかなかできる事では無いと思います。音楽を通して、自分に自信をもち、物事に前向きになっていけるのは喜ばしいことですね。

— Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室 (ロンドン)

No comments:

Post a Comment